雪の華を見たのでネタバレなしレビュー!思っていたより泣けなかった!?

こんにちは!haruです!

今回は2月1日(金)から上映されている
雪の華を見てきたので
ネタバレはしないでレビューしていきたいと思います!

雪の華 100万円で私の恋人になってください

 

 

あらすじ
主人公は美雪(中条あやみ)という女の子。もともと病気を患っていたが、ある日医師に「この1年大切に過ごして」と余命を宣告されてしまう。自分の冴えない人生に悲しんでいた彼女だがとあるきっかけで悠輔(登坂広臣)に出会う。のちに彼と再開し悠輔が働いているカフェがお金がないと潰れてしまうことを知る。美雪は悠輔に100万円で私の彼氏になってくださいと言い、2人は契約を交わし交際をすることになり、、、

結果からお話するとこの話は思ったよりも泣けませんでした。

というのも2人はだんだん惹かれていくのですが
その描写があまり描かれていなかったので
私は感情移入をすることができなかったです。

あとはあんまり盛り上がりがなかったところと
ちょいちょい突っ込みを入れたくなるような
部分があったのでなかなか感動はしなかったですね、、、

ただ唯一感動したのは
映画の最中に葉加瀬太郎さんのヴァイオリンバージョンの
雪の華が流れてそれがとっても素敵で感動しました。

演技に関しては、おみくんの演技が下手くそ。
という感想が行き交っているみたいなのですが
私は悠輔のぶっきらぼうな感じがイメージにぴったりだったので
よかったんじゃないかな?と思いました。

中条さんに関しては色白で病弱な彼女にあっていますし
いつものハキハキとした中条さんとは違って少し地味めな彼女が
見られてこういう演技も上手だなという印象です。

あとは実際にロケをフィンランドで行なっていたようで
フィンランドの美しい風景が楽しむこともできました!

MATOME

 

今回の映画の見所は
葉加瀬太郎さんのヴァイオリンとフィンランドの風景でした(私的には)笑

ただおみくんが大好き!という人には
おすすめな映画ですね!

きゅんシーンありなので!笑

ではでは!また!ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です