話題になりつつある作品約束のネバーランド読んで見た!ネタバレなし!

こんにちはharuです(^_^)!

漫画を読むのが大好きな私。
かなり多い作品読んできましたが
今話題になりつつある作品!
気になったので読んで見ました!!

約束のネバーランドってどんな話?

あらすじ
母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。ここグレイス=フィールドハウスは
小さな孤児院。至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を送る
三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた…
子供達を待つ数奇な運命とは…!?
自分たちが暮らしていた孤児院だと思っていた場所。そこは実は外の世界にいる鬼と呼ばれるバケモノの農園であった。
そのバケモノにとって人間の子どもはとても美味しいらしく、孤児院ではなく自分たちはバケモノに与えられるために餌として育成されていたのであった。
毎日行われるテスト。毎日与えられる美味しい食事、規則正しい生活。全ては食べられるため、質をよくするための行為であった。ここに文章

1巻を読んでみて…。
なんて残酷な話…と思いました。
絵からはピュアっていうかほのぼの?な話なのかなーと思ったらこの漫画は目の使い方が上手いと思いました。
目線だったり、脅しだったり、嘘だったり、、、
エマ、ノーマン、レイの友情がとてつもなく素敵な話です。
そして騙し騙され、裏切り裏切られ
先の先まで考え込まれて作られた話だなーと思いました。

自分的には二巻の中盤がすごく衝撃ででも残酷な裏切りではなく優しい嘘だったのがよかったです
個人的にノーマンがすごく好き!
彼の頭の良さとキレ。そしてエマを思いやる気持ちが凄まじくてとても好きです!

今は11巻目で出ているのですが色々と切ないシーンも増えて
この漫画の終着点もなんとなく見えてきました!

この物語なんとなくワンピースに似ていると思いました!

どこが似ているかというと
主人公エマの考え方とルフィの考え方が似ていると思うんですよね

共通点
*仲間は絶対に見捨てないところ
*心が折れそうになっても必ず前を向きなおすことができること
*自分の信念を強く持っているところ
*一度決めたことは絶対に曲げないこと
*1つの終着点に向かって突き進んでるところ
*仲間達からの厚い信頼

エマの前を向いて突き進む姿勢はこの漫画の大きな見所でもあると思います!

MATOME

 

少々残酷なシーンもあるので
そういうのが苦手な方には少しショッキングな内容かもしれないですが
登場人物それぞれの思惑や
仲間を思いやる気持ちが心温まる物語でもあります

まだまだ伸びしろがたくさんの作品なので
これからの伏線回収も楽しみですね!

2019年1月にアニメ化もするようなので、そちらも楽しみです!!

まだまだこれから盛り上がる作品だと思うので、
よかったら読んでみてください(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です