《PVが泣ける》ボカロのストーリー性がある感動曲特集!

こんにちは!haruです!
私ボーカロイドの曲が結構聞くんですよね!
っていうのも、ボーカロイドの曲って歌の中にストーリーがある曲が多いんです!
今回はそんな曲の中でも私がオススメな曲を
紹介していこうと思います(^_^)!

悪の娘

昔々あるところにとある王国の頂点に君臨していた14歳の王女様がいました。
そんな王女様は、わがまま言いたい放題。お金が無くなったら愚民どもから絞り取り、自分に逆らう者は処刑していました。
そしてそんな王女様が恋をしましたがその恋の相手にはすでに好きな人がいました。
それは緑色の髪の毛の美しい女の子。
王女は憤怒し、緑の国の緑の髪の女を全員殺せと命じました。
緑の女の子殺害に成功しましたが、ついに国民が王女を倒すべく革命軍を作り王女を処刑しに乗り込んできます。
緑の国との戦争で弱っていた軍隊は負けてしまい、国民の前で女王処刑されてしまいます。

ここまでが悪の娘の物語。
ここまで歌を聴いた時は、ふーん程度でしたw
昔話にありそうな話だなあ
とりあえずもう一個も聞いておくかー
なんて軽い気持ちでした。

ですが悪ノ召使を聞いてびっくり

悪ノ召使

悪の娘に出てきた王女には、顔のよく似た双子の召使いがいました。
召使いは妹である王女を陰でいつも支えていました。召使いは、緑の国に出かけた時、緑の髪の美しい女の子に恋をします。
ですがその女の子は王女が好きな青い髪の王子様の想い人だったのです。
王女様は緑の髪の女を皆殺しにしなさいと命令をしました。
自分の想い人だった緑の髪の女の子を召使いは妹のために、想いを押し殺し、殺してしまいます。
ついに国民は王女を倒すべく革命軍を作り城に乗り込んできます。
召使いは王女に言いました
僕の服を貸してあげるこれを着てすぐお逃げなさい。大丈夫僕らは双子だよきっと誰にもわからないよ。
召使いと王女は着ていた服を交換しました。
そうだったのです。
悪の娘で処刑されていた王女は実は入れ替わった召使いだったのです。

悪の娘は、世間一般の人が見たとある国の王女様の生き様
悪ノ召使は、その話の真実ですね

この曲聴いた時衝撃すぎて本当にしばらく浸りました笑
ちなみにこの二つの話は書籍化にもされていて本も読みました!!
歌だけじゃわからない
緑の髪の女の子の正体などもわかりとても面白かったのでこの曲を聴いて
興味が湧いたら読んでみてください(^_^)!

白の娘

緑の国に住むのに自分だけ白い髪の女の子がいました。
いつも1人の彼女は千年樹に友達が欲しいと願い、その千年樹のそばに倒れていた
緑の髪の美しい女の子を助けて友達になりました。
白い髪の女の子は自分に初めて心から大好きな友達ができて
一緒に過ごせることをとても幸せだと思いました。
しかしその幸せも長くは続きません。青い髪の王子がその友達に惚れてしまい
黄色い国の王女の求婚を蹴ったのでした。
それがきっかけとなり黄色い国による緑の髪の女の虐殺が始まりました。
そしてたった1人の友人を失ってしまいました。
彼女は1人になってしまい小さな教会で過ごしていました。
そこでも新しく友達ができましたが、その友達の衝撃的な真実を
懺悔室で聞いてしまいました。
彼女は悪の娘、黄色い国の王女でした。
白の娘は復讐するために1人海に佇む彼女の背後にたち
刃物を握りしめましたが彼女は悪の娘を殺すことはできませんでした。
そしてその時に彼女は見てしまいます。
そこにいるはずのない王女にそっくりな少年を

悪の娘、悪ノ召使のもう一つの物語ですね
この曲の中では黄色の国の王女のその後がなんとなくしれるのが
面白いと思いました。
それにしても皮肉ですね。自分にできたもう1人の友達が
自分の1番大切な人の命を奪った人だったなんて。

囚人

あるところに捕らえられている少年の囚人がいました。自分がいつか外に出られるという話が嘘だということも知っていたその少年ですが自由のない檻の中でたった一つだけ楽しみがありました。それは、外の世界のとある女の子と塀を越えて交わす紙飛行機での会話でした。
次第にその少年はその少女に恋をします。
しかし幸せは長くは続きませんでした。
少女から突然告げられた、遠くの街に行く、さよなら
必死に少年はいつまでも待ってるよと伝えましたがその想いが届くことはなく
バレた紙飛行機は看守によってビリビリに破かれてしまいました。
そして囚人は女の子に会えることはなく毒ガスによって処刑されてしまいました。
せめてその女の子の名前だけでも知りたかった…と最後に言葉を残して死んでしまいます。

悲しすぎました泣きました。笑
少女にとって少年はなんだったのか
少女はどうして別れを告げたのか

気になって気になって聞きました

少女目線の歌です。

紙飛行機

重い病にかかり、入院生活を送る一人の女の子がいました。
彼女の唯一の生き甲斐は病院を抜け出し刑務所にいる名前も知らない彼と紙飛行機で言葉を交わすこと。
彼女もまた彼に恋をしていました。
ですがその刑務所に勤めている父に紙飛行機のことがバレてしまいます。
もう会いに行くなと言われてしまう彼女。
時が流れ病は進行し、ついに体がどんどん動かなくなってしまいます。
彼女は最後の力を振り絞って病院を抜け出し彼の元に行きます。
急に自分がいなくなったら彼が心配してしまうとせめて最後にさよならを告げに行きます。病気のことを隠し遠くに行くからバイバイと告げると彼は言いました
待つよいつまでも待ってるよ、君が来るその日まで手紙を大事に無くさずにいたらまた会えますよね…?
彼女はその言葉を聞きながら立ち去りました。
彼女は振り返りませんでした。振り返ってしまったら自分の涙がバレてしまうからです。
それからまた時が経ち、彼女は完全に体が動かなくなってしまいます。
強がらなければよかったと後悔し始め彼に会いたい、会いたいと思う彼女。
ついに時が来ます、父親は最後に娘に彼との紙飛行機を手に持たせます。
ついに彼女は病によって命を絶ってしまいました。
ですが二人はまたあの場所で再会し、壁のない場所で会うことができました。

涙待った無しですね。
曲を聴いていただければわかると思うのですが
彼が途中待つよ!と歌うシーンは本当にジーンと来ます。
最後青年と少女が二人で歌うシーンがありそこで思わず感情がいつも高ぶっちゃう、、、笑
二人ともお互いが心の支えであったんですね

最後天国で二人が会えてよかったですが、二人が死んでしまうまでが悲しかったですね。

heaven

恋人同士の二人がいましたが、彼女は目の病気を患ってしまいます。
幸い目は手術すれば治ると医師に告げられ女の子は
彼氏に支えられ、手術を受けました。
ですが、手術を受ける彼女の元へ向かう途中で彼は交通事故にあってしまいます。
そんなことを知らない彼女。
手術が成功して目が再び見えるようになりました。
彼に会いたい。そう思った彼女でしたがそこで
彼の事故のことを知ります。
絶望する彼女。彼の緊急手術が行われていました。
もう彼が助からないと悟った彼女は病院の屋上から飛び降りようとしましたが
その時いないはずの彼が彼女を抱きしめます。
彼女が振り返るとそこには彼が立っていました。
しかし彼は笑顔で消えてしまいます。
彼女は急いで病院の中に戻りました。
しかし彼の心音はだんだん弱くなり、彼は帰らぬ人となってしまいました。
一人ベンチに座る彼女
携帯が鳴り見てみるとそこには彼からのメールが
「愛してる」
その言葉をみて思わず涙が出る彼女。
今までの彼との思い出が蘇ります。

目が見えなくなってそれを支えてくれた彼
目が見えるようになったら彼女が一番に見たいのは
きっと彼の笑顔だろうな、と思っていましたが
彼女が一番最初に見た彼の姿は変わり果てた姿だったなんて
なんとも切ない話ですよね。

この曲伊東歌詞太郎さんという方が
歌っていて彼の歌声にもまた感動します。

heavenは歌詞太郎さんが歌っているものを貼らせていただきました。

泣き虫彼氏

これで終わりね泣かないの。というセリフでこの曲は始まります。
泣き虫な彼氏と強虫な彼女
幸せな2人だったのですが彼女が別れを告げます。
泣き虫な彼氏は、別れの時は泣いてはいけないと
強がります。それでも流れた涙は止まりません
今までの楽しかった記憶が走馬灯のように蘇ります。
最後に『ありがとう』『さようなら』で2人は離れ離れになります。

この曲に対してはなんで別れてしまったんだろう、、、
と思ってしまいます。
泣き虫だったのが嫌だったのかな、、、笑
頑張って頑張って強がろうとするけど結局涙が溢れて止まらない
彼氏の気持ちが切ない曲です。

しわ

若い2人の男女の物語。最初は片思いで初々しい2人でしたが
晴れて両思いになりました。
月日は経ち、2人は約束しました。
『どっちかが果てる時は笑顔で』そして2人は結婚し
子どもも生まれました。時間が経つにつれて2人のしわは増えていきます。
とうとう最後の日、彼がもう最後だと悟った彼女は
涙を流しながら精一杯の笑顔を作ります。
その笑顔が今までの中の彼女で1番綺麗だと彼は思います。
そして僕は幸せだ。その言葉を最後に彼はゆっくりと
目を閉じるのでした。

この歌も伊東歌詞太郎さんのものを引用させていただきました。
最後のしわくちゃになった彼女の笑顔に涙待った無しの曲だと思います。
こんな一途な恋愛に憧れちゃいますね!
初めて聞いた時、めちゃくちゃ号泣しました。笑

最後のリボルバー

サンタさんがくれた実弾入りのリボルバーを目の前に立つあなたに向けた
さよなら愛しい人
というフレーズから始まります
この物語は『悪』の私と『正義』の彼の恋の話
お互い愛しているのに立場上対立する2人
春に出会って、恋に落ちた
夏にいっぱい思い出作った
秋の夜に1つになった
冬に全て終わりを告げた
せっかく愛し合った2人でしたが
最後は『悪』である彼女が
彼に銃弾を向けて発砲してしまいます
最後に彼は優しい顔をしていました
彼を銃で撃った後彼女は自らも銃で撃ち自殺して
この物語は終わります

自分の置かれている立場上恋をしてはいけなかった2人が
恋してしまい最後は悲しい結末に
曲だけでも十分切ない話ですが
この曲はPVを見るとより鮮明に切なさの伝わる曲だと思います

この曲は最初に紹介した悪の娘と召使いと同じ方が
作った歌でサイドストーリーなど深くあるみたいなので
そっちの方も開拓していきたいですね!

おおかみは赤ずきんに恋をした

題名通りおおかみは赤ずきんに恋をしてしまいます
でも2人が出会うことは許されない
2人はお互いが好きなのにお互いを避けます
本当は話したいいのに本当は抱きしめたいのに
それすら叶わない狼は
ただただ祈りますがそれでもエンディングは変わらないまま、、、

どんなに愛していても叶うことのない
狼と赤ずきんの切ない物語です

近づこうと思えば思うほど
2人の距離は離れていきます

これが両片思いってやつなのか、、、切なすぎる、、、

このPVで歌っている2人の歌声も
この2人の心情を鮮明に歌っていて感動します!

ピエロ

ある1人のピエロとそのピエロを見守る少女の話
ピエロは転んでも失敗しても大丈夫大丈夫とおどけてみせます。
でもそんな姿を見て少女は涙を流しました
少女は知っていたのです
ピエロが仮面の下で悲しい顔をしているのを、、、。
そして少女は言います。
大丈夫大丈夫、うまく笑えなくていいんだよ
もう二度と嘘をつけないように
大丈夫大丈夫こらえたりしなくていいんだよ
私も一緒に泣いてあげる
その言葉を聞いてピエロはやっと素を出すことができて
涙を流しました

この曲は中盤に少女目線の歌になるのですが
そこの場面に変わった瞬間に本当に鳥肌が立ちます!

ピエロが仮面の下に隠していた悲しい心、気持ちをくみとってあげて
一緒に泣いてあげる、、、ってところで私も初めて聞いた時
思わず暖かい気持ちになり涙が出てきました。

アイのシナリオ

まず最初にお城に閉じ込められている少女の場面から
始まります。少女に窓の外から会いに来る少年がいました
その少年は世界を敵に回しても信じて僕だけ未来も
といって少女を窓の外の世界に連れていきます。
場面は変わり来世になりました
生まれ変わった少女には彼氏がいましたが
そんな2人に突っかかって来る男の子がいました。
その子がお城に閉じ込めていた前世の人かと
思いきや少女は自分の彼氏だと思っていた少年に
騙されていたのです。
そこで現れたのは突っかかってきていた少年
そうですこの少年こそが前世で少女のことを守ると
約束したあの時の少年だったのです!

この曲はとにかくサビの盛り上がりがすごいです!

そして少女を助けてくれる少年がめちゃくちゃかっこいい!

初めて聞いてからこの曲の虜になったので
是非1回聞いてみてください!

告白ライバル宣言

この話の主人公はメガネに長髪の男の子
その見た目から女の子みたいだねと声をかけられることも
ありました。そんな僕を見つけて名前呼んでくれた
とある女の子に恋をします。
でもその女の子にも好きな人がいてそのことは
知っていても、それでも自分が大事に思っている気持ちと
その女の子が相手の男の子に思っている気持ちは
一緒だから、、、とその女の子にエールを送ります
でも自分を変えたくて主人公は髪の毛を切ってコンタクトにします
周りからの目は変わりましたが女の子の気持ちを
動かすことはもちろんできませんでした
そしてついにその女の子は自分の好きな人に告白をして
付き合ってしまいます。そんな顔させたくて見守ってきたけど
もう自分は必要ないね、おめでとう好きだった人
そういって涙を流します。優しい主人公はそれでも
女の子と女の子が好きだった人に
優しくエールを送るのでした。

この曲は本当に私も見習わなきゃ、、、と思うくらい
主人公の男の子の心の優しさと
好きな人を思う優しい気持ちに胸を打たれる歌です

でも、、、最後のシーンでそんな主人公のことを
見守る女の子が、、、次にその女の子の目線の曲を
紹介したいと思います!

今好きになる

最初は見ているだけでイライラする先輩がいました
出会いは最悪の2人
でも目があうと微笑んでくれる先輩
そうその先輩こそがメガネに長髪の他に好きな人がいる少年でした
気づいたらその先輩に恋している自分がいました。
そんな先輩がある日突然のイメチェン!
好きな女の子に見て欲しいというきっかけは知っていました。
前からずっと思っていたってえらくはなくて
先輩は他の女の子からも密かに人気が出てしまいます。
伝えたら距離ができちゃうかもしれない、、、
それでも告白することを決心。でもタイミングは最悪でした。
振られたばかりの泣き後の顔の彼の前で
書き上げた手紙は渡せずに隠しました
好き、、、思わず出た自分の気持ちも彼には
気を使わなくていいよ。と届きませんでした
最後に泣いている女の子を外に連れ出してくれる男の子は
主人公のお兄ちゃんです

なんとも切なさの連鎖でしたね

そしてお気付きの方もいるかと思いますが
この話の女の子が好きだった男の子が好きな女の子の彼氏になる人は
この話の女の子のお兄ちゃんなんです!

つまり自分の好きな人の好きな人の恋人は
お兄ちゃんなんです!笑

ハニーワークスの歌はこういった人の繋がりが
多くて見ていて面白いんです!

この2人がくっついてくれればいいのに、、、
と何度も思いましたが
よく見てみるとこの曲の中に
短髪の男の子が主人公のことを気になっているのが
見てわかりますね!

またこの2人の間でも恋があるようです!

MATOME

残酷な歌も中にはありますが
悲しい歌や切ない歌を聴きたい時はいいですよね!
今回紹介しきれなかった歌もあるので
他の歌も後々紹介していきたいと思います!

ではでは!ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です